かまぼこの起源
蒲鉾の起りは、大変古く、神功皇后が三韓征伐のときに、すりつぶした魚の肉を鉾の先につけて焼いて食べたのが、その始まりと言われています。
現在の「ちくわ」のような形をしており、その形が蒲の穂に似ているところから、がまのほ→がまのほこ→かまぼこという名が付いたと言われています。
平安時代の書物「類衆雑要抄」をひもとくと、藤原忠実が三条に移転した時の祝賀料理の献立のなかに「蒲鉾」の文字と図が見られます。これがかまぼこに関するもっとも古い文献です。
この祝賀料理がふるまわれた年が1115年なので、全国かまぼこ連合会では、この年号から11月15日を「かまぼこの日」に制定しました。
板付け蒲鉾の起源は、室町時代の古文書「大草殿より相伝え聞書」より、その姿をみることが出来ますが、当時の加熱方法は焼抜法で、杉の板に魚肉を付けて焼いたものと考えられます。
江戸時代の末期になると、蒸煮法による蒸しかまぼこが出現しました。
「守貞慢稿」によると、江戸では焼き板がすたれて蒸し板ばかりになり、京阪神でも蒸してから、さらに焼くようになったと記されています。
小田原式の蒸しかまぼこは江戸好みの代表的なものとなり、大阪では京都のような遠隔地に売りに行く関係上、焼いておかないと腐りやすいので、焼きかまぼこが普及していきました。
このようにして、小田原式蒸しかまぼこと、大阪式焼きかまぼこに分かれるようになりました。

copyright©maruutashiro co.,ltd. all right reserved.