細工かまぼこ
鹿の子(かのこ)

女性の和服に使用される鹿の子絞りを模して造られたため、女の子のお祝い(雛祭り、七五三など)に用いられていましたが、現在では一般的なお祝い事にも用いられています。
宇治橋(うじはし)

蒲鉾上部の模様が「宇治橋」の橋脚のように見える事から名付けられました。
鉄扇(てっせん)

閉じた扇子の上に「寿」の文字と「亀」を模した蒲鉾です。
亀が寿の文字を銜えた、お目出度い席に最適な蒲鉾です。
糸引(いとひき)

蒲鉾上面に糸を引いたような模様を付ける事から名付けられました。一色だけでなく、二色、三色の糸を引いたカラフルなものもあります。
切出し蒲鉾(きりだしかまぼこ)

蒲鉾の中に絵や文字を入れ、金太郎飴のように、切っても切っても同じ柄が出てくる蒲鉾です。
現在は機械化されていますが、以前は図柄を考えながら、手作業で時間をかけて作っていました。

copyright©maruutashiro co.,ltd. all right reserved.