なると巻
なると巻

なると巻は、断面の渦巻き状の模様から、鳴門海峡の渦潮にちなんで名付けられたと言われています。
また、表面のギザギザは巻き簾に巻いて蒸し上げることで型付けられますが、当初は麦藁の簾巻き状だったという説もあります。

味わい深いなると巻

小田原でのなると巻の製造は、赤蒲鉾を製造した後、赤いすり身が余ったことから作り始められたと言われています。
そのため、小田原蒲鉾と同等の味わい深いものに仕上がっております。
昨今では彩りや飾りという位置付けになっているなると巻ですが、丸うのなると巻は蒲鉾同様、味わっていただくためのなると巻です。


なると巻(大)
なるとまき(だい)
品番 211
価格 400円(税別)
数量 : 個 
名称 蒸しかまぼこ
内容量 160g
原材料名 魚肉、卵白、みりん、砂糖、馬鈴薯澱粉、食塩、調味料(アミノ酸等)、着色料(赤3、赤106)
賞味期限 14日間
保存方法 要冷蔵
外寸 170×45×35 (mm)
アレルギー特定原材料

なると巻(小)
なるとまき(しょう)
品番 212
価格 300円(税別)
数量 : 個 
名称 蒸しかまぼこ
内容量 120g
原材料名 魚肉、卵白、みりん、砂糖、でん粉、食塩、調味料(アミノ酸等)、着色料(コチニール)
賞味期限 14日間
保存方法 要冷蔵
外寸 125×45×35 (mm)
アレルギー特定原材料

copyright©maruutashiro co.,ltd. all right reserved.